坐骨神経痛 ふくらはぎの痛み

60才 女性 福岡市

症状:坐骨神経痛による左ふくはぎの痛み

3日前に灯油を運んだ後から腰からお尻にぎっくり腰の様な違和感を感じる。
ただ、そこまで痛くもないのでそのまま様子を見ていた。

翌日、腰の違和感はあまり感じなくなったが、お尻の違和感とふくらはぎに痛みを感じ出した。

以前にも似たような症状が右のお尻からふくらはぎにかけてあったことがあり、非常に 痛い思いをした経験がある。
また同じ痛みのようになると大変だと思い、当院を受診する。

当院で徒手検査などを行ったところ、特に神経的に問題があるような感じは見受けられず。お尻の上の方(中殿筋・小殿筋)を強く押さえると左ふくらはぎの痛いところに響いていくのが分かる。

お尻の筋肉のコリによる坐骨神経痛(左ふくらはぎの痛み)であると思われる。
お尻にある坐骨神経痛と関係の深いツボを一つ一つ押さえていくと 殿圧、環跳、秩辺あたりが痛く感じる。

これらのツボを中心に中国針を行ったところ、殿圧への刺鍼でお尻の奥のほうがズーンとした感じがあり、なんとも言えない痛気持ちよさを感じる。そして、ふくらはぎの痛い部分にズーンとした痛みが伝わるのが感じるとのこと。

治療後は、左お尻からふくらはぎ、足先にかけてすごく暖かく感じ、血めぐりがよくなったように感じるとのことでした。

今回の症状はお尻の筋肉(中殿筋・小殿筋)辺りからの締め付けによる坐骨神経痛・ふくらはぎの痛みのようであった。まだ症状が出て数日しか経過していないので、数回の治療で症状はほぼ消失すするだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | タグ: , | コメントをどうぞ

太もも裏が痛い、しびれる

30才 男性 福岡市

症状:右太もも裏が痛い、しびれる

2週間前から椅子に長時間座っていると太もも裏のイスに当たる部分が圧迫され、痛くなり、しびれてくる。
長く座ると痛くなるので、仕事中は立ったり座ったりしながら痛みやしびれをごまかしている。
また、歩いていると太もも裏が痛くなってくる。

病院での検査では、腰の椎間板が少し狭くはなっているが、問題になるほどではなく、坐骨神経痛と言われる。

整骨院やマッサージにも行き、太もも裏を揉んでもらうと、その時は少し楽な気がするが椅子に座ってみるとやはり太もも裏に痛みとしびれが出てくる。
他に何か治療法がないかと調べ、当院を受診。

診察してみると、右の腰、お尻、太もも裏にかけて、すごく筋肉が張っているのが分かる。
太もも裏の痛みは、腰からお尻にかけての筋肉の緊張が原因でないかと思われる為、鍼灸治療にて筋肉の緊張を取る治療を行った。

治療後はお尻に重だるさが2時間程度続いたが、その後は重だるさも取れた。
歩いても太もも裏の痛みはさほど感じなかった。

翌日、椅子に座って仕事をしたところ、太もも裏に痛みとしびれは出たが以前よりも少しだけ 長く座れたとのことでした。

もうしばらく治療を続けることで、椅子に座れる時間も長くなりますし、
最終的には太もも裏の痛みとしびれも消失すると思います。

太もも裏の痛みとしびれでお悩みの方は当院にご相談ください。

 

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | タグ: , | コメントをどうぞ

ふくらはぎ外側の痛み

60才 女性 福岡市

症状:右ふくらはぎ外側の痛み

朝、身体をひねった形で寝てしまい、腰に違和感があった。
その日は、遠出する予定があり、少し腰が痛いが動けないほどではないので、予定通りお出かけした。

翌日、右ふくらはぎ外側に痛みを感じ出した。
昨日違和感のあった腰の部分を押さえると、ふくらはぎ外側に響く感じがする。

その後5日ほど経過するが、依然としてふくらはぎ外側に痛みが持続しているので、当院での鍼灸治療を希望する。

ふくらはぎそのものに問題はなく、お尻の上の方を触診し、押してみるとふくらはぎへの痛みが再現されるポイントが確認できた。
お尻の筋肉が硬くなったことによって、坐骨神経が締め付けられているようでした。

お尻の筋肉の硬くなっているツボに中国鍼を入れていくと、ふくらはぎ外側の痛い部分に
鍼の響きが伝わっていくのが分かるようで、痛気持ち良い感じがするとのことでした。

鍼治療後は右足が軽くなり、ふくらはぎ外側の痛みもほとんどないと喜んでおられました。

お尻の筋肉の締め付けによる軽度の坐骨神経痛(ふくらはぎ外側の痛み)なので、1回の治療でかなり改善したようです。

坐骨神経痛の症状で一番多いのが、ふくらはぎ外側の痛みではないでしょうか。
鍼灸治療が効果的なことが多いので、ぜひこのような症状のある方はご相談ください。

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | タグ: , , | コメントをどうぞ

太もも外側の痛み・しびれ


50歳 男性 福岡市
症状 お尻から左太もも外側の痛みとしびれ

3ヶ月前から左のお尻から太ももの外側にかけて痛みがではじめる。
病院の検査では特に骨の異常は見当たらず、湿布を処方される程度。
お尻と太ももの部分にホッカイロを貼っておくと少しは良いように感じる。

その後、しばらくは痛みが軽かったり、少し痛くなったりを繰り返していた。
今年に入って、長時間のデスクワークをした翌日から太もも外側の痛みとシビレが強くなる。

カイロを貼ったり、マッサージをしてもらっているが、お尻の深いところにコリの芯があり、指で押さえてもコリの芯に届かないし、なかなか症状の軽減がないため、当院を受診。

診察してみると、中殿筋、小殿筋、梨状筋がガチガチに硬くなって、坐骨神経などを締め付けている 感じだと思われた。
中国針にてツボへ鍼を入れていくと、「そこがコリの芯の部分です」と言われる部分に鍼先が あたり、左太もも外側の痛みとしびれのある部分にもジワっと鍼の響きが伝わって、 痛気持ちいいと言われる。

鍼治療が終わった時点で、お尻から左太もも外側がスーっと楽になりましたとのこと。
原因がお尻の筋肉のこりなので、数回治療を行えば太もも外側の痛みとしびれは改善すると思われます。

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | コメントをどうぞ

腰痛 福岡

35歳 男性 福岡市
症状:腰痛

一昨日、午前中までは全く腰に違和感もなく、普通に過ごしていたが、
お昼にちょっと後ろにあるものを取ろうと振り返ってから、急に腰が痛くなり、
歩けないくらいの痛みが出た。

急いで、整骨院を受診し、1日様子を見た。
当初のような痛みは軽減したが、椅子から立ち上がる時や
寝て起き上がる時に激痛があり、腰が伸びない。
そのため、足をチョコチョコ動かして歩くことしかできない。

腰痛の場所はちょうど腰とお尻の境目あたり。
指で押さえても痛みはさほど感じない。

腰痛が治らないと、なかなか仕事ができないので、
当院の鍼灸治療を受けに来られました。
腰を触診してみると、特に押さえて痛がることもなく、
徒手検査を行っても、特に問題がある感じでもなかった。

ただ、腰とお尻の境目で、背骨の付近に痛みを感じるとこのこなので、
その部位に鍼治療を行っていくと、ズンとした鍼の響く場所と痛いところが完全に一致したと
言われました。

鍼を入れたままの状態で15分ほどおいておき、
それから鍼をはずして、立ち上がってもらうと
「あれ?」っといいながら、ほとんど痛みを感じずに起き上がることができました。

腰の問題がある部分に鍼治療をすることで、固まっていた筋肉が緩み、
スッと立ち上がれるようになりました。

腰痛で、椅子から立ち上がる時、車から降りるとき、寝た状態から起き上がるときなどに
腰の筋肉が固まって腰が伸びず、腰痛がある方は多いです。

問題のある筋肉に鍼治療をすることで、軽減する方がいますので
ぜひこのような方はご相談ください。

福岡で腰痛の鍼灸治療をご希望の方は、当院にご相談ください。

カテゴリー: 腰痛・ぎっくり腰 | タグ: , , | コメントをどうぞ

顔面神経麻痺の症例 顔のこわばり|福岡

40才 男性 福岡市

症状:顔面神経麻痺による顔のこわばり

4ヶ月前に顔面神経麻痺を発症。
額が上がらない、目が閉じない、口から水がこぼれるなどの症状が徐々にでてきた。
神経内科を受診し、ステロイドとビタミン剤などを服用し、3ヶ月かけて、徐々に顔面神経麻痺は改善していった。

現在、見た目は顔面神経麻痺と分からないが、本人は顔の動きの悪さを自覚しており、 顔面神経麻痺側の頬のあたりを中心にこわばり感が強い。

特に、起床時や寒い日に外出中などは、顔のこわばり感を強く感じる。

顔面神経麻痺の鍼灸治療を行うことで、顔面神経麻痺や顔面神経麻痺改善後にも残る 顔のこわばり感を軽減することが可能です。

顔面部のツボや表情筋を鍼にて刺激することで、血流が改善します。
そのことにより、顔が動かしやすくなり、顔のこわばり感も軽減していきます。

顔面神経麻痺改善後の顔のこわばり感に悩んでいる方は多いように思います。
鍼灸治療をうけてみてはどうかと思います。

 

顔面神経麻痺の鍼灸治療はこちらです。

カテゴリー: 未分類, 顔面神経麻痺 | タグ: , | コメントをどうぞ

美容鍼|福岡

最近、全国ネットのTVなどでよく取り上げられるようになった美容鍼。
福岡にある当鍼灸院にも美容鍼を希望する方が増えてきました。

美容鍼とは、顔を中心としたツボに鍼を入れていくことで、表情筋が刺激されリフトアップし、血流が改善することでしみやくすみ、むくみが軽減していきます。

美容鍼の4つ美顔効果とは

・コラーゲンの生産 → 肌にハリと潤いがでてきます。
・お顔の血流促進 → くすみが薄くなり、肌のツヤがよくなります。
・筋肉の引き上げ → 筋肉の弾力がアップし、たるみが解消します。
・脳の活性化 → 肌の活性化につながります。

美容鍼が注目される理由は、その即効性と持続力。

美容鍼はエステや美容器具では届かなかった顔の筋肉や細胞を直接刺激を与えることができます。このことが、リンパや血流の流れを促進し、即効性が期待できます。
また、表情筋に直接鍼で刺激することでたるみやシミ、小しわ改善させ、いい状態を保つことが可能になるのです。

 

美容鍼を実際に受けた方の感想

長女C目がパッチリになった。
女の子4ほうれい線がうすくなった。
RABBIT生理前のニキビがでなくなった。
女の子顔が小さくなった(むくみが取れた)
こども女の子肌荒れがよくなった。
女の子(p)よく眠れるようになった。
三女C眼の奥の痛みが取れた
などなど

美容鍼を福岡でお探しなら当鍼灸院にご相談ください。

こんな感じで美容鍼を行っています↓

 

カテゴリー: 美容鍼・美顔鍼 | タグ: , | コメントをどうぞ

坐骨神経痛で眠れない


50代 男性 福岡市

症状: 左坐骨神経痛で眠れない
年末に荷物を運ぶ作業が続き、腰痛があった。
今年に入ってからまた、仕事で荷物を運んだために、だんだんその痛みがお尻から太もも裏にかけて痛くなり、夜も眠れないくらい疼く感じがある。
痛み止めを飲むとしばらくは良いが、薬がきれるとまた痛みがでてくる。

どうにかこの痛みから解放され、ゆっくり眠りたいとのことで当院での中国針治療を受けに来られる。

診察してみると、腰から特に左の臀部がカチカチに硬くなっている。
そのため、中国針にて硬くなった筋肉を緩める鍼治療を行います。
坐骨神経の締め付けがなくなり、夜も熟睡できるようになると思います。

坐骨神経痛で眠れないほどの痛みは、身体も心も疲労してきますので、早めの中国鍼治療をおススメいたします。

 

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア) | タグ: , | コメントをどうぞ

温活に効くツボ

温活に効くツボ

温活という言葉を最近よく耳にするようになりましたが、
東洋医学の世界では、数千年も前から「冷えは万病の元」という考え方があり、
ツボや漢方薬を使って身体を温める「温活」を行ってきました。

特に女性に多い冷え性や女性特有の症状(生理痛・生理不順・不妊症など)を改善していくには 温活は大変効果的なことが多いです。

それでは、温活に効くツボを紹介します。
冷え性は、自律神経の乱れや血液の流れの悪さが原因で起こります。
これらを改善するツボこそ「温活のツボ」になります。

温活のツボ」
のツボ
合谷
人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりにあります。このあたりに、さわってわかる”くぼみ”があります。 親指で押したとき、ジーンとくるところです。

効能:冷え性(手先の冷え)、肩こり、便秘

外関
手の甲側で、手首の関節(シワ)の中央から 肘の方に3~4センチ上がった所で 押さえるとかなり響く感じがします。そこが外関です。
効能:冷え性(手先の冷え)、めまい、耳鳴り、自律神経失調症

 


三陰交
うちくるぶしの最も高いところから指幅四本上で骨の際にあります。骨とふくらはぎの筋肉の境目にあります。
押さえると響くところがあります。
効能:冷え性(足先の冷え)、生理痛、生理不順

太衝
親指と人差し指の骨がひっつくところにあります。
押すと痛みを感じるところです。
効能:冷え性(足先の冷え)、のぼせ、耳鳴りや更年期障害

これらの温活のツボをマッサージをしてあげる。
もしくは、温灸をすると非常に効果的です。

当院でもその人それぞれにあった「温活のツボ」を探し出して 治療を行っています。

平熱が35度しかなかった方が当院での治療と自宅で温活のツボに お灸をしていただいた結果、今では平熱が36.5度前後になり疲れにくくなった方が
いらっしゃいます。当院で使用するお灸

お灸がすごく気持ち良く、お灸をするとおなか周りがぽかぽかして、お通じも良いし、よく眠れるようになったそうです。

その他、当院での温活治療で生理不順、生理痛など女性特有の症状も改善された方がいらっしゃいます。

温活治療をご希望の方は是非当院にご相談ください。

カテゴリー: 温活 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

股関節痛の鍼灸治療|福岡市

股関節痛の鍼灸治療
40代 女性 福岡市

症状: 右股関節痛
以前から股関節が悪く、整形外科では「変形性股関節症」といわれたこともある。
1ヶ月前から右股関節が痛い。特に痛い時は右足を地面につけないくらい痛くなる。

当院で右股関節周りを診てみると、臀部(大殿筋、中殿筋、小殿筋)あたりに圧痛があった。
また、腰の筋肉も硬くなっていたのが分かった。

そのため、中国針にて硬くなった筋肉を緩める治療を2回ほど行って様子を見ることにした。

今日、肩こりがあるということで1ヶ月ぶりに来院されたが、2回の治療で股関節の痛みは全くなくなったとのことでした。

「変形性股関節症」と言われると、股関節にばかり目を向けてしまいますが、腰やお尻の筋肉もガチガチに硬くなっている方も多く、この筋肉を鍼治療で緩めることで、股関節の症状はかなり改善することがあります。

股関節の痛み(変形性股関節症)のある方は是非鍼灸治療をうけてみてはどうでしょうか。

カテゴリー: 肋間神経痛 | タグ: | コメントをどうぞ