逆子が直る時期と逆子のお灸

逆子は自然に戻る産婦人科での健診では、28~30週過ぎ頃に「逆子」と言われることが多いと思います。
一般的には逆子のほとんどが自然に戻ります。
逆子のままお産を迎えるのは3~5%と言われています。
そのため、ママさんもそう焦らず、ぼちぼち逆子体操でもしながら、定期健診まで様子を見る方がほとんどだと思います。

 

32週頃の健診
逆子が戻っていないと、産婦人科の先生からは「まぁもうちょっと様子見ましょう」と言われますが、ママさんたちがちょっと焦りを感じ出す頃です。

ネットで逆子の治る方法を調べはじめます。
例えば、「逆子を直す」、「逆子 いつまで」、「逆子 原因」、「逆子のお灸」など。
そろそろ鍼灸院に問い合わせをする頃です。

 

34週頃の健診
いよいよ逆子が戻ってないとなると、「帝王切開」の話が出てきだします。
ママさんたちも焦りだし、当院に慌てて「逆子のお灸」を受けに来る方が非常に多いように思います。
いつも思いますが、「もうちょっと早い時期(28~32週)に来てくれてたら、よかったのに・・・」
もちろん、34週以降でも逆子が戻る可能性はありますが、成功率はやはり下がってきます。

 

最近、来院された30週5日の逆子ちゃん。逆子のお灸を1回行い、あとは自宅にてお灸をしていただき検診を受けたところ、戻っていたそうです。

 

「逆子ママさんから頂いた感想」
逆子のお灸で頭位に逆子ということで、鍼灸に初挑戦しました。
至陰と三陰交に10分程度の施術でした。
特に至陰がチクチクして少し痛かったですが、
じんわりと温かくなってくるようで、施術中赤ちゃんがポコポコとうごいていました。

その次の妊婦健診(31週6日)の朝、赤ちゃんが大きく動いた感覚があり、 先生に逆子なおっているねと言われました。

 

32週以前だと自然に頭位になることが多いとは言われていたので、 1回の治療が効いたのかは分かりませんが、なおるか不安だったので、 鍼灸と家でのお灸をやってみて良かったと思います。
ありがとうございました。

逆子のお灸の感想

 

逆子のお灸の効果なのか自然に戻ったのかは分からないかも知れませんが、
とにかく戻ったので良かったと思います。

逆子が自然に戻るのか不安に思いながら逆子体操だけして様子を見るより、積極的にお灸をしておいた方が、精神的にも良いし、逆子の改善率も高いです。
また、お灸は安産の効果もあるので、逆子と判明した方はできるだけ早く「逆子のお灸」を受けられることをおススメします。

  

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 安産, 逆子のお灸   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。