子育てによる自律神経失調症の鍼灸治療

子育てによる自律神経失調症の鍼灸治療20代 女性 宗像市

症状:自律神経失調症
(身体のだるさ、胃痛、背中痛み、身体のむずむず感、吐き気)

小さなお子さんの子育て中で、半年前から上記症状に悩まされ、内科にて色々病院にかかり検査をされたそうですが、異常が見つからなかったそうです。

ネットなので色々調べているうちに、「自律神経失調症」ではないかと思い、
当院を受診されました。

1回目の治療後、胃の痛みと背中の痛みがなくなりました。
数回治療を重ねるごとに、身体のむずむず感や吐き気なども改善されていきました。
現在は、身体のだるさがもう少しありますが、少しずつ調子の良い日が増えきており、
自律神経失調症による症状もだいぶ落ち着いてきているので、10日に1度くらいの
ペースで来院中です。

子育て中のため、どうしても身体が疲れやすいと思います。
定期的に治療することで身体の不調を軌道修正しながら、日々の子育てを頑張っていただいています。

子育てはとても重労働です。身体の調子を崩しやすい方も多いようです。
子育てによる自律神経失調症頭痛、肩こり、腰痛やめまい、耳鳴り、不眠など身体に不調を感じたら、
早めに鍼灸治療をすることで、早期に体調を整えることができます。

また、自宅でできるセルフお灸もあります。(←詳細はこちらをクリック)
症状にあわせたツボ、そしてツボの場所を教えています。
子育て中の隙間時間にご自身で身体のメンテナンスされはいかがでしょうか。

子育て中の自律神経失調症の鍼灸治療の詳細はこちらをご覧ください。

 

子育てによる自律神経失調症

 

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 胃炎・胃痛(逆流性食道炎), 自律神経失調症   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。