太もも外側の痛み・しびれ


50歳 男性 福岡市
症状 お尻から左太もも外側の痛みとしびれ

3ヶ月前から左のお尻から太ももの外側にかけて痛みがではじめる。
病院の検査では特に骨の異常は見当たらず、湿布を処方される程度。
お尻と太ももの部分にホッカイロを貼っておくと少しは良いように感じる。

その後、しばらくは痛みが軽かったり、少し痛くなったりを繰り返していた。
今年に入って、長時間のデスクワークをした翌日から太もも外側の痛みとシビレが強くなる。

カイロを貼ったり、マッサージをしてもらっているが、お尻の深いところにコリの芯があり、指で押さえてもコリの芯に届かないし、なかなか症状の軽減がないため、当院を受診。

診察してみると、中殿筋、小殿筋、梨状筋がガチガチに硬くなって、坐骨神経などを締め付けている 感じだと思われた。
中国針にてツボへ鍼を入れていくと、「そこがコリの芯の部分です」と言われる部分に鍼先が あたり、左太もも外側の痛みとしびれのある部分にもジワっと鍼の響きが伝わって、 痛気持ちいいと言われる。

鍼治療が終わった時点で、お尻から左太もも外側がスーっと楽になりましたとのこと。
原因がお尻の筋肉のこりなので、数回治療を行えば太もも外側の痛みとしびれは改善すると思われます。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。