股関節痛の鍼灸治療|福岡市

股関節痛の鍼灸治療
40代 女性 福岡市

症状: 右股関節痛
以前から股関節が悪く、整形外科では「変形性股関節症」といわれたこともある。
1ヶ月前から右股関節が痛い。特に痛い時は右足を地面につけないくらい痛くなる。

当院で右股関節周りを診てみると、臀部(大殿筋、中殿筋、小殿筋)あたりに圧痛があった。
また、腰の筋肉も硬くなっていたのが分かった。

そのため、中国針にて硬くなった筋肉を緩める治療を2回ほど行って様子を見ることにした。

今日、肩こりがあるということで1ヶ月ぶりに来院されたが、2回の治療で股関節の痛みは全くなくなったとのことでした。

「変形性股関節症」と言われると、股関節にばかり目を向けてしまいますが、腰やお尻の筋肉もガチガチに硬くなっている方も多く、この筋肉を鍼治療で緩めることで、股関節の症状はかなり改善することがあります。

股関節の痛み(変形性股関節症)のある方は是非鍼灸治療をうけてみてはどうでしょうか。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 肋間神経痛   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。