太もも前面の痛みの鍼灸治療

70代 女性 福岡市

症状:動き出し始めに起こる太もも前面の痛み

2年くらい前から上記症状が起きる。
起床時や椅子から立ち上がるときに太もも前面に神経痛のような痛みが起きる。
しばらくするとその痛みは消失して、普通に歩けるようになる。

病院でのMRI検査では、背骨が少し曲がっているが特に問題がなく、血液の流れが悪いと言われる。湿布をもらっているが、なかなか改善が見られない。

当院にて、腰やお尻の硬くなっている部分を中心に鍼灸治療をおこなったところ、徐々に動きはじめの痛みが緩和してくる。

現在、4回治療したところで太もも前の痛みはなくなっている。

太もも前の痛みは、腰やお尻のコリが原因で起こることがあります。
鍼灸治療ではそのコリを取り除くことで、症状を軽減させることができます。

腰痛の鍼灸治療はこちらをご覧ください。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。