突発性難聴の鍼灸治療

50代 男性 福岡市

症状:右耳の軽度の難聴、耳鳴り(キーン)、音が響く(ハレーション)、首筋のコリ

2週間前に過労、ストレスなどが原因で右耳の突発性難聴を発症する。
病院にてステロイド点滴などを行い、聴力はだいぶ回復してきたが、
耳鳴りと音のハレーションが酷くてツライとのこと。

もともと肩こりがあり、首筋を触るとコリがあり、押さえると痛気持ちよい。

当院に来院した時点で、突発性難聴を発症して2週間が経過しており、聴力は時間が経ちすぎると回復が難しくなるため、初めの1週間は1日おきに3回ほど治療を行ったところ、耳鳴りとハレーションが軽減している。

その後、週2回ペースで4回治療を行い、耳鳴り、ハレーションが改善しており、
耳鼻科での聴力検査でも聴力が回復していることが確認されています。

あと少し症状があるため、現在は週1回の治療を続けていきます。

突発性難聴にはまずは耳鼻科での治療が大事です。
ただ、それでも症状の改善が見られない場合は突発性難聴、耳鳴りの鍼灸治療を受けてみてはどうかと思います。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 耳鳴り・難聴   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。