すねがチクチク痛い坐骨神経痛

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛(すねの痛み)男性 60代  福岡市
症状:すねがチクチク痛い。杖無しでは歩けない。
すねが痛い

3年前から上記症状があり、じっとしていても痛みが強い。時々全く痛くない時もある。
整形外科にてMRI等の検査の結果、椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛剤などを服用していたこともある。
ここ数ヶ月痛みが強い時が多く、寝ていても耐えられない痛みがする時があるとのこと。

10日後に遠方で親戚の結婚式があるため、どうにか少しでも痛みが軽減できないかと杖をついて来院されました。

当院にて2~3日おきに3回ほど坐骨神経痛の中国針治療を行い、じっとしていてもたまらない痛みはなくなったそうです。
親戚の結婚式にも無事出席され、現在も当院にて治療中ですが、最近は杖を忘れて出かけてしまい、あわてて自宅に杖を取りに帰るくらい改善してきました。

坐骨神経痛などで杖をついて来られる患者様が中国針治療により杖なしでも歩けるようになる。
また、治療院に杖をついて治療に来て、帰りには杖を忘れて帰られることがあります。

当院の坐骨神経痛治療はこちらです。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 未分類   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。