産後うつ病

産後うつ病30代 女性 福岡市

症状:不眠、イライラ、肩こり、背中と腰の痛み産後うつ病

昨年末に出産し、毎日3時間おきの授乳をして子育てをがんばっているママさんです。
産後2週間頃から出産と子育てのストレスが原因?で不眠、イライラ、腰と背中の痛みが出始める。
そのため、病院にてデパスを処方される。デパスを飲んだ後の母乳は搾乳して捨てているとのこと。
お薬で上記症状は軽減するが、子育て中(授乳)のため、お薬に頼らない治療法がないかと調べたていたところ「鍼灸治療」が効果的だと知り、来院されました。

当院にて首、肩、背中、腰のコリを取り除き、自律神経を整える治療を週1回程度行う。
初診の治療後、すごく眠くなり、身体がスッ~と楽になりましたと言われる。
その後、イライラが軽減し、少し眠れるようになると言っておられました。

現在、4回ほど治療を行いましたが、徐々に体調も整っており、
最近は旦那様から笑顔が増えたと言われて、喜んでおられます。

出産、子育てと今まで経験したことがない仕事が24時間休むことなく続くため、ママの身体も悲鳴を上げてしまうようです。

当院には産後に肩こり、腰痛、坐骨神経痛、自律神経失調症、突発性難聴、耳鳴り、顔面神経麻痺などを発症して来院いただくことがよくあります。

鍼灸治療はお薬を使わない治療のため、授乳中でも安心して治療を受けていただけます。

産後うつ病の鍼灸治療
自律神経失調症の鍼灸治療
 

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: うつ病, 産後うつ, 自律神経失調症   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。