マラソン、ジョギングによる坐骨神経痛

坐骨神経痛とマラソン40代 男性 山口県

症状:お尻からふくらはぎにかけての痛み(坐骨神経痛) 坐骨神経痛とマラソン

マラソン選手で、来週(3月6日)のびわ湖毎日マラソンに出場するそうです。
今日は多少坐骨神経痛があり、体調を整えるために来院されました。

この方は、福岡のシティマラソン年代別で優勝されたり、福岡国際マラソンに出場したりする、すごい方なんです。
今回のびわ湖マラソンの出場選手のほとんどが20代、30代前半が多い中、
40代で42キロを走るのには敬服してしまいます。ぜひがんばってほしいものです。

当院にはプロやアマチュアスポーツ選手が治療に来られますが、
腰痛、お尻、太ももからふくらはぎにかけての痛みやしびれなど、
坐骨神経痛に悩まされている方が多いです。

鍼灸治療をすることで、坐骨神経痛が軽減、体調が整い、少しでもいい結果が残せて、
また、少しでも長くスポーツが続けることができればと思っています。

ジョギング、マラソンなどによる坐骨神経痛の鍼灸治療はコチラをクリック

関連のある記事

  1. お尻、太もも裏が痛い坐骨神経痛

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。