耳の中の痛み|耳痛治療

耳痛の鍼灸治療30代 女性 

症状:耳の中が痛い、肩こり、不眠、動悸、頭痛、自律神経失調症

数年前にメニエル病を発症。その後、肩こり、不眠、動悸、頭痛などがあり、
2年前に病院にて「自律神経失調症」と診断されて抗うつ剤を服用しているが
効果が感じられない。耳の中の痛み
最近は肩こりがきつく、耳の中まで痛くなっている。
病院での検査では、中耳炎など耳の病気はないと言われている。

首から肩にかけてガチガチに凝っており、この凝りが取れれば耳の中の痛みも取れる思い、首、肩、肩甲骨のコリを中国鍼にて取りました。

1週間後お電話を頂き、
帰りのバスの中で今まで痛かった耳の中がす~っと楽になってることに気づいた。
その後1週間、耳の痛みはないとのことです。

耳の中が痛く、耳鼻科で診てもらってもなんの異常もない方が時々おられます。
首周りを触診すると、筋肉がガチガチでそれが悪さして、「耳の痛み」を起こすようです。
特に「胸鎖乳突筋」あたりをご自身でマッサージすれば楽になることもあると思います。
それでも、耳の痛みが取れない場合は、鍼灸治療を受けてみられてはどうかと思います。

肩こり、耳の痛みの鍼灸治療はこちらです。
自律神経失調症の鍼灸治療はこちらです。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 自律神経失調症   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。