お尻、太ももの外側が痛い坐骨神経痛|熊本

長時間しゃがんでいたらお尻と太もも外側が痛い坐骨神経痛治療 お尻が痛い 熊本

 椎間板ヘルニア 男性 50代 熊本市

今日、1年以上前に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で当院の中国針治療(10回程度)によりほぼ痛み、しびれが消失した方が久々に来院されました。

当時は、右お尻の痛み、太もも外側、ふくらはぎ、足先のしびれがありましたが、症状改善後は再発もしなかったそうです。お尻と太ももが痛い 

今日は、1週間前にしゃがんだ姿勢で長時間仕事をして、立ち上がるときに右お尻と太もも外側に痛みを感じ、「椎間板ヘルニア 再発か?!」と思い、当院に来院されました。

長時間のしゃがんだ姿勢とここ数日の寒さが原因なのだろうと思われます。

まだそこまで坐骨神経痛がひどくないようなので、数回の治療で症状は落ち着くと思います。

長時間のデスクワークや同一姿勢は思ってる以上に足腰にきます。

坐骨神経痛経験者は再発の可能性があるので、要注意ですね。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。