脊柱管狭窄症 治療 歩くとふくらはぎがしびれる|福岡市

5分歩くとふくらはぎがしびれる

歩くとしびれる脊柱管狭窄症の鍼灸治療

脊柱管狭窄症 女性 60代 福岡市歩くとしびれる脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症があり手術もしたことがある。しばらくは良かったが

その後、5分程度歩くと手術前と同じようにふくらはぎがしびれてくる。

当院へ来院時も、ふくらはぎがしびれてくるので途中で休憩しながら歩いてきている。

当院にて週2回の坐骨神経痛の中国鍼灸治療を行う。

はじめの10回程度は、しびれが軽くなったり、元に戻ったりを繰り返していたが、10回を過ぎた頃から、しびれの程度が軽減し、当院まで全く休まずに来院できるようになった。

まだ完全にふくらはぎのしびれが取れたわけではないが、以前に比べればはるかに良くなり、現在週1回程度の治療を行っている。

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部で脊柱管が狭くなり発症したもので、腰痛、足の痛み・しびれが起こる。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として間欠跛行(かんけつせいはこう)があります。

間欠跛行:歩行や立位姿勢により足の痛み・しびれや脱力があり、しゃがんで休むとまた歩行等が可能となる症状

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛は、なかなか改善しにくい場合もありますが、根気強く治療を継続すると、以前よりも歩く距離が伸びるなど快適に日常生活が過ごせるようになることがよくあります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は是非当院の中国鍼灸治療をお勧めします。

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。