うつ病の治療 後頭部のこり

うつ病、後頭部のコリの鍼灸治療

男性 30代

症状:1年前からうつ症状がある。肩、首のコリが強く、後頭部の頭痛がある。後頭部にじわっとした痛みがある。

触診してみると、後頭部から首、肩甲骨際にかけて筋肉が硬く緊張していました。

当院での鍼灸治療でコリはだいぶ軽減し、治療後2~3日後は体が軽くなり、仕事がはかどるそうです。

うつ病や自律神経失調症のある方は、首にこりがあることが多いです。このコリが取れると症状が軽減してくるようです。

うつ病の中国鍼灸治療

自律神経失調症の中国鍼灸治療

関連する記事はありません

hakoshima の紹介

福岡市の天神で中国鍼灸治療をしています。 東洋医学の本場、中国・北京にて臨床・研究を行い 日本人初の医学博士号を取得。 最先端の中国針治療で様々な病気、症状を治療しています。
カテゴリー: うつ病   パーマリンク

コメントは受け付けていません。