ホームページが引越ししました!

当サイトにお越しいただきありがとうございます!

ホームページが移転しました。

こちらをクリックしてください!

→→→ 中国鍼灸院 箱嶌医針堂

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

10年来の花粉症にも鍼灸治療で症状が軽減!

花粉症の鍼灸治療桜の蕾が膨らんできて、いよいよ春が到来する時期になってきましたね。
ポカポカ陽気で、心もカラダもウキウキ気分になってくる季節ですが、花粉症でお悩みの方にとってはとてもツライ季節でもありますね。

2月中ごろからではじめる花粉症ですが、毎年多くの方にご来院いただいています。

先日、来ていただいた患者様は10年来の花粉症でお悩みの方でした。目の痒み、鼻水、鼻づまりに悩まされ、花粉症の時期は点眼薬と点鼻薬で乗り越えてきたそうです。

当院の花粉症治療のことをホームページで知り、鍼灸治療を行ったところ
鼻水などの症状が軽減されたと喜んでいらっしゃいました。

花粉症による目の痒み、鼻水、鼻づまりなどでお困りの方、
花粉症の鍼灸治療を受けてみられませんか?

当院の花粉症治療はこちらをご覧ください!

花粉症の鍼灸治療

10年以上の花粉症に悩まされてきましたが、鍼灸治療後は花粉症の症状がありません。施術は特に痛さもなく、気持ちよく眠ってしまうほどです。

カテゴリー: 花粉症 | タグ: , , | コメントをどうぞ

逆子が直る時期と逆子のお灸

逆子は自然に戻る産婦人科での健診では、28~30週過ぎ頃に「逆子」と言われることが多いと思います。
一般的には逆子のほとんどが自然に戻ります。
逆子のままお産を迎えるのは3~5%と言われています。
そのため、ママさんもそう焦らず、ぼちぼち逆子体操でもしながら、定期健診まで様子を見る方がほとんどだと思います。

 

32週頃の健診
逆子が戻っていないと、産婦人科の先生からは「まぁもうちょっと様子見ましょう」と言われますが、ママさんたちがちょっと焦りを感じ出す頃です。

ネットで逆子の治る方法を調べはじめます。
例えば、「逆子を直す」、「逆子 いつまで」、「逆子 原因」、「逆子のお灸」など。
そろそろ鍼灸院に問い合わせをする頃です。

 

34週頃の健診
いよいよ逆子が戻ってないとなると、「帝王切開」の話が出てきだします。
ママさんたちも焦りだし、当院に慌てて「逆子のお灸」を受けに来る方が非常に多いように思います。
いつも思いますが、「もうちょっと早い時期(28~32週)に来てくれてたら、よかったのに・・・」
もちろん、34週以降でも逆子が戻る可能性はありますが、成功率はやはり下がってきます。

 

最近、来院された30週5日の逆子ちゃん。逆子のお灸を1回行い、あとは自宅にてお灸をしていただき検診を受けたところ、戻っていたそうです。

 

「逆子ママさんから頂いた感想」
逆子のお灸で頭位に逆子ということで、鍼灸に初挑戦しました。
至陰と三陰交に10分程度の施術でした。
特に至陰がチクチクして少し痛かったですが、
じんわりと温かくなってくるようで、施術中赤ちゃんがポコポコとうごいていました。

その次の妊婦健診(31週6日)の朝、赤ちゃんが大きく動いた感覚があり、 先生に逆子なおっているねと言われました。

 

32週以前だと自然に頭位になることが多いとは言われていたので、 1回の治療が効いたのかは分かりませんが、なおるか不安だったので、 鍼灸と家でのお灸をやってみて良かったと思います。
ありがとうございました。

逆子のお灸の感想

 

逆子のお灸の効果なのか自然に戻ったのかは分からないかも知れませんが、
とにかく戻ったので良かったと思います。

逆子が自然に戻るのか不安に思いながら逆子体操だけして様子を見るより、積極的にお灸をしておいた方が、精神的にも良いし、逆子の改善率も高いです。
また、お灸は安産の効果もあるので、逆子と判明した方はできるだけ早く「逆子のお灸」を受けられることをおススメします。

  

カテゴリー: 安産, 逆子のお灸 | タグ: , , | コメントをどうぞ

坐骨神経痛の再発予防は鍼灸治療

坐骨神経痛の再発女性 50代 北九州市

症状:坐骨神経痛を繰り返し再発する

数年前に風邪を引いた時にぎっくり腰を起こしてから坐骨神経痛を発症する。
症状は、左腰の辺りからお尻、太ももまでが痛む。
仕事はデスクワークが多く、長時間座っていたり、特に寒い時に痛みが出やすい。

整形外科では、軽い脊柱管狭窄症と診断され、投薬、ブロック注射などを受けてきた。
また、近隣の整骨院、マッサージ、鍼灸院での治療も行ってきたが、長時間のデスクワーク、天候(寒冷)、疲労などが原因で坐骨神経痛症状の再発を繰り返している。

坐骨神経痛の再発要因とは当院に来院されたのは3年前。
ちょうど、坐骨神経痛が再発して、痛み苦しみ藁をもするがる思いで来院されたように 記憶しています。

当院での鍼灸治療を定期的に行い、その都度に痛みは改善していき、 この1年はほとんど坐骨神経痛の再発はなく、この冬も痛くないとの報告を頂いています。

坐骨神経痛を再発する方は、デスクワークや長距離運転等どうしても無理な姿勢を長時間しておかないといけない職業などの方に多いように思います。腰からお尻にかけての筋肉に負担がかかりすぎているからです。
また、疲労の蓄積や気温の変化(特に寒冷)なども再発の要因となりやすいです。

鍼灸治療は、腰、お尻の深部の筋肉を緩めることで坐骨神経痛の再発を予防することが可能です。 坐骨神経痛を繰り返し発症してしまう方には、鍼灸治療をおススメいたします。

「この患者様から頂いた感想」
坐骨神経痛で通院しましたが、鍼治療は気持ちが良くて回数を重ねることで効き目を感じました。

本当に悪い時はお尻から足の先までズキズキうずいて寝てても痛かったのですが、今では神経痛を忘れて生活できるようになりました。

もともと腰が弱いので腰が痛い時に鍼治療を受けると1回の治療で治ります。
頼りになる治療院です。

再発予防の坐骨神経痛の鍼灸治療のページはこちらです。

患者様の感想

 

 

カテゴリー: 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア), 脊柱管狭窄症 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

子育てによる自律神経失調症の鍼灸治療

子育てによる自律神経失調症の鍼灸治療20代 女性 宗像市

症状:自律神経失調症
(身体のだるさ、胃痛、背中痛み、身体のむずむず感、吐き気)

小さなお子さんの子育て中で、半年前から上記症状に悩まされ、内科にて色々病院にかかり検査をされたそうですが、異常が見つからなかったそうです。

ネットなので色々調べているうちに、「自律神経失調症」ではないかと思い、
当院を受診されました。

1回目の治療後、胃の痛みと背中の痛みがなくなりました。
数回治療を重ねるごとに、身体のむずむず感や吐き気なども改善されていきました。
現在は、身体のだるさがもう少しありますが、少しずつ調子の良い日が増えきており、
自律神経失調症による症状もだいぶ落ち着いてきているので、10日に1度くらいの
ペースで来院中です。

子育て中のため、どうしても身体が疲れやすいと思います。
定期的に治療することで身体の不調を軌道修正しながら、日々の子育てを頑張っていただいています。

子育てはとても重労働です。身体の調子を崩しやすい方も多いようです。
子育てによる自律神経失調症頭痛、肩こり、腰痛やめまい、耳鳴り、不眠など身体に不調を感じたら、
早めに鍼灸治療をすることで、早期に体調を整えることができます。

また、自宅でできるセルフお灸もあります。(←詳細はこちらをクリック)
症状にあわせたツボ、そしてツボの場所を教えています。
子育て中の隙間時間にご自身で身体のメンテナンスされはいかがでしょうか。

子育て中の自律神経失調症の鍼灸治療の詳細はこちらをご覧ください。

 

子育てによる自律神経失調症

 

カテゴリー: 胃炎・胃痛(逆流性食道炎), 自律神経失調症 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

耳鳴り、音が響く

女性 福岡市 40才代

主訴:耳鳴り、音が響いて聞こえる

15年前に突発性難聴を発症耳鳴りと音が響く
その後、耳鳴りとはずっと付き合って生活しており、耳鳴りがすること自体はさほど気にならなくなっていた。

しかし、10日ほど前に急に肩甲骨から首にかけてのコリがひどくなり、それに伴い耳鳴りも強くなる。
そして、 音が響いて聞こえるようになり、耳栓をしておきたい感じがするようになる。

しばらく様子を見ていれば、耳鳴り、音の響きともに落ち着いてくると思っていたが、
一向に改善する様子がない為、当鍼灸院を受診。

お話を伺い、触診をしていると首から肩や肩甲骨にかけてのコリがひどい状態だったため、 まずはこのコリを軽減させることで、耳鳴りや音の響きを改善させていくように治療を行いました。

音が響く首や肩のツボに鍼灸治療を行うと、ズーンと響く感じがして気持ちがよいことのことでした。
1回目の治療直後は凝っていた部分が軽くなりました。
耳鳴りと音の響きには特に変化がみられませんでしたが、翌日に音が響かなくなっていることに
気づきいたそうです。
その後、2回ほど治療を行い音の響き、耳鳴りが軽減したため、様子をみることにした。

耳鳴り、音が響くなどの症状は非常に多いです。
鍼灸治療にて首、肩、肩甲骨にかけてのコリをとることで耳の症状は軽減していきます。
同じ症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

耳鳴り・音が響くなどの鍼灸治療のページ

ご本人から頂いた治療後の感想を掲載しました。
福岡市の耳鳴り治療

カテゴリー: 未分類, 耳鳴り・難聴 | タグ: , , | コメントをどうぞ

側頭部のコリによる偏頭痛、顔のこわばり

女性 40代 福岡市

症状:右偏頭痛、右まぶたのけいれん、顔のこわばり、眼精疲労

1ヶ月前からパソコン作業の仕事が続き、首コリ、肩こりを強く感じるようになる。
その後、こめかみや側頭部(耳の上辺り)が痛くなり、偏頭痛を感じるようになる。
また、眼精疲労やまぶたのけいれん、顔のこわばり感も出てきた。

病院にてMRIなど精密検査を受けたが、特に異常がなく、
ドライアイ、右片側顔面けいれんと診断される。

特に治療法もなく、日増しに症状を強く感じるようになったため、当院を受診。

当院にて首、肩まわりを触診すると、筋肉がガチガチに硬くなっているのが分かる。
特に頭と首の境目付近を押さえると痛気持ち良い感じがする。

鍼灸治療にて首と頭の境目にあるツボへ鍼をすると、頭の奥に心地よく響く感じが伝わる。
また、側頭部のコリの強い部分に鍼をするとズーンと重く響く感じがするとのことでした。

治療直後から首肩の凝りが軽減し、翌日には偏頭痛も以前ほどではなくなったとのこと。
週1~2回の治療を続け、現在6回目の治療を行ったところ、まぶたのけいれん、顔のこわばり感はでなくなったそうです。
頭痛のほうもかなり軽減し、8割は改善したとのことです。

パソコン作業による首や肩の凝りが酷くなると、頭痛、眼精疲労、顔のこわばりまで引き起こしていきます。
コリを感じたら、早めに対処することで症状が酷くならなく済みますので、
早めの鍼灸治療をオススメします。

頭痛・偏頭痛の鍼灸治療はこちらです。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 頭痛 | タグ: | コメントをどうぞ

股関節痛

女性 40代
症状:左股関節の痛み(そけい部、お尻の外側)

20年前に交通事故に遭い、右仙腸関節痛と左そけい部痛、腰痛、むちうちになる。
病院での検査では、交通事故による骨盤のねじれと言われる。

その後、鍼灸、整体、マッサージ、オステオパシー、アーユルヴェーダ、チベット医学など様々な治療を受けて、最近では指圧を2週間に1回ペースで、1年4ヶ月ほど受けている。

ここ数年の病院での検査では、左臼蓋形成不全、左変形性股関節症と診断される。

本人としては、なんとなく診断に納得できない部分もあり、腰の奥の筋肉・腸腰筋(腸骨筋、大腰筋)が問題ではないかと感じている。

定期的に受けている指圧では、痛みの強いソケイ部や臀部を中心に治療を受けているが、そけい部に関しては、あともう少し深部が痛い感じするが、そこまで指圧が届いてない感じがするとのこと。

当院での問診、徒手検査などにより、腸骨筋の特に大腰筋のコリが股関節(そけい部)の痛みに関係していると考えられたため、中国針にて腰の大腰筋へと鍼を入れていくと、「まさにそこが痛いところなんです!」とのことでした。
治療後から、股関節のいやな痛みもかなり軽減し、20年ぶりに痛みから解放されたと喜んでおられました。

股関節痛(変形性股関節症など)がある方は、腰やお尻の筋肉に問題がある方が多いように思います。
鍼灸治療により股関節周りの深部にある筋肉のコリをとることで、股関節痛が軽減することがありますので、同じ悩みのある方は、鍼灸治療をオススメします。

股関節痛(変形性股関節症)の鍼灸治療はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 股関節痛(変形性股関節症) | コメントをどうぞ

頭と首の付け根が痛い

50代 女性 福岡市

症状:頭と首の付け根の部分が重い、頭重感、肩甲骨際のこり、動悸、不安感

1ヶ月前から、仕事のストレスなどで体調が悪くなる。
肩こりが酷くなり、不眠、イライラ、不安感や胃の調子まで悪くなる。

ここ最近は、頭と首の付け根の部分が重く、歩くたびにそこに響く感じがし、 動悸やめまい、耳鳴りなど自律神経失調症的な症状までできた。

病院にてCT、レントゲン検査では、頚椎の5-6番目に問題があり、 頚椎症と診断される。
安定剤、鎮痛剤そして牽引を行ってきたが、改善が見られない。

整体院などで首や肩、肩甲骨まわりのマッサージを受けると気持ちが良いが、その時だけで、 やはり頭と首の付け根が重たく、頭重感があるため、 当鍼灸院を受診する。

頭と首の付け根の部分(ツボの場所で言えば、上風池、上天柱あたり)を押さえてみると、コリを確認、圧痛も強い。

この頭と首の付け根部分のコリを取ることを中心に鍼灸治療を行うことにした。
はじめは週2回ペースで鍼灸治療を行った。
治療5回目頃から後頭部のコリが軽減し、散歩などしても以前ほど頭の中に響く感じがなくなってきた。同時に不安感や動悸など自律神経失調症的な症状も軽減していく。

その後、週1回の治療を行い、歩いていてもほとんど頭の中に響く感じがしなくなった来たので、しばらく様子をみる。

頭痛の鍼灸治療はこちらをクリック

カテゴリー: 頭痛 | タグ: , , | コメントをどうぞ

花粉症の鍼灸治療

40才女性 福岡市

症状:花粉症による鼻水、鼻つまり、目のかゆみなど
毎年、春には花粉症に悩まされて、数十年。
いつもこの時期は、お薬が手放せないとの事で、来院される。

2月から週1回の花粉症治療を行ってきました。
治療に使用した花粉症のツボは目の周り、鼻の横、後頭部、手などのツボです。

患者さんのお話では、今年は、ほとんど薬を飲まずに過ごせたとのことでした。
昨年までと違い、春の時期にこんなに快適に過ごせたのは久しぶりだと喜んでいらっしゃいました。

お薬を飲むことに抵抗のある方やお薬を飲んでも花粉症の症状が軽減しない方は、
是非鍼灸治療を受けて見られることをおススメします。

花粉症の鍼灸治療は、非常にやさしい刺激ですので、鍼治療は痛そうと思っている方でも
安心して、治療を受けていただけると思います。

詳しくは当院のHPでご確認ください。

こんな感じで花粉症の鍼灸治療を行っています。
動画をご覧ください!

カテゴリー: 未分類, 花粉症 | タグ: , , | コメントをどうぞ